弊社で「秘書検定一級面接対策講座」を受講した新潟国際情報大学の遠藤さんから、合格体験談をいただきました。是非ご覧ください!

受講者:新潟国際情報大学 遠藤さん                

1 受験を決めた理由はなんですか?

大学在学中に何か資格をとりたいと考えていたとき、深く学びたいと感じたものが秘書検定でした。秘書検定を取得することによって、社会人になる前に、ビジネスマナーや人との接し方に自信をつけられると思ったからです。

2 受験準備はどのようにすすめましたか?

勉強を始めたのは試験の3か月前からです。
1級は、他の級とちがって記述式なため、過去問を何度も解いて、記述に慣れるようにしました。幸い、私が通っている大学の図書室には1級の問題集が数年ぶん揃っていたので、全ての問題集の解答を覚えてしまうくらいまで何度も解きました。
また、解いたあとに正答率をチェックして、苦手な単元をみつけ、克服することにも力を入れました。    

3 独学でなく受講した動機をおしえてください

準1級を飛ばして1級一次試験に合格しましたので、1級二次が初めての面接試験でした。
面接試験対策のDVDを購入しましたが、独学で受験することに不安がありました。DVDだけでは、実際の動きや様子が分かりづらいからです。
そのような時、大学のキャリア支援課から、こちらの面接講座を教えていただき、1人で練習するより、プロの方に見ていただいた方が、自分の弱点や面接試験の流れを掴むことができるのではないかと思って受講しました。

4 面接対策講座を受けよかったところは何ですか?

模擬試験を行って、入室~退出までの動きをビデオ撮影いただき、自分の癖や表情・姿勢・話し方などを知ることができた点です。私は、お辞儀をする際に、腰より先に頭を曲げてしまう癖がありました。この癖は、指摘されるまで気が付かなかったので早めに自分の癖を知ることができて良かったと思っています。
他にも、面接試験で重視される点などを詳しく教えていただけたので、面接試験が初めての私にとってはとてもありがたかったです。

5 出来るようになったと思うことを教えて下さい

自分は猫背で、なかなか治らないと思っていましたが、この講座を通してキレイな姿勢やお辞儀を常に意識し、家で動画を撮るなど日々研究した結果、受講前と比べると良くなったと思います。
もちろん一般常識が身についたと感じますし、秘書検定の面接試験は、プレッシャーを感じるものです。春から就職活動が始まるのですが、就職の面接試験を前に、秘書検定の面接試験を経て度胸がつきました。