会食での「乾杯」について

歓迎会や忘年会といった会食で、みんなでグラスをかちんかちんと合わせることがありますね。会食の雰囲気は盛り上がるかもしれませんが、じつは、グラスをぶつけるのはよくないことなのです。

理由の1つは食事中に音を立てるということが、2つめに、グラスが割れてしまう危険性があるということがあります。薄いワイングラスなどは特に気をつける必要がありますよね。

本来、乾杯とは「お互いの労をねぎらい、楽しく飲みましょう」という気持ちを表すことです。 グラスを合わせる代わりに、目のあたりまで持ち上げることで「乾杯」が出来ます。 グラスをぶつけるより、捧げる仕草のほうが洒落た感じもしませんか?

さらに先輩に対しては、相手よりも少し低くグラスを差し出すと、目上の方への敬意も含めることができますので、送別会や忘年会に参加するときに実践されてはいかがでしょうか。