EQ(心の知能指数)とAI(人工知能)

EQの第一人者である、高山直先生から、直々に講義を受ける機会がありました。

ずっと心の中でモヤモヤしていたことが、フッと腑に落ちたことがありました。

 人工知能が発達した先に、人間が人間として機能していくためには、「感じる」ことが大きな意味を持つ時代になると漠然と考えていました。

 「目の前の人に何かできることはないか」という相手を思う心、気配りしてもらってうれしいと思う心、有難いと思う気持ち・・・。

まさに「感じること」は、どんなにAIが発達した先でも、人間にしかできないことです。百歩譲って、AIが私たちの表情、目の動き、行動などから、感情を識別することができたとしても、「感じる」ことそのものは、難しいのではないかと思うのです。

映画「2001年宇宙の旅」の宇宙戦コンピュータHALが、最後に

「 I can feel  it 」

と自意識がなくなる怖さを感じている・・

と話す場面がありますが、そこにたどり着くまでは、まだもう少し時間が必要なのだと思います。

 そんなことを感じていた中での、EQの受講。

高山先生からのメッセージは、

「How do you fell now?」

今の気持ちを感じること、

そしてその気持ちを自覚すること、

そこからがEQ開発のスタートとおっしゃるメッセージが、

ストレートに心に響きました。

「事実と行動の間には、感情・気持ち・解釈が隠されている」

のであれば、まずは、その間にある気持ちに気づくこと。

実践していきます。

 EQの塊のような高山先生の、言行一致の姿勢が心を打ちました。

 「感じることそのものが、私たちにとっては生きる喜びなんだ!」と腑に落ちたのは、EQ理論の第一人者であると同時に、EQを体現する第一人者でもある、高山先生の姿勢そのものからでした。

有難い出逢いを有難うございます。